バンコク散歩 ジャンクルン通り

バンコクに行ったら訪ねてみたいと思っていたジャンクルン通りに行ってきました。

ザ・バンコク!って私は感じる景色。

電線がものすごいことになってるのです。

この記事写真多めです。
旅行先メモ記事。
ザクザク進んで最後までご覧いただけると嬉しいです。

この日は友人親子と待ち合わせ。
昼間は暑いってことで15時にサイアム駅にて。
いつものことですが友人は15分遅れてやってきます。

遅刻しないタイ人っているかしら?(もちろんいるはず)
1人だったらBTSサパーンタクシン駅へ移動してそこから歩く、
という手段を取ったと思いますが今回はタクシー移動。

メータータクシーも乗る時に行き先を告げたり
メーターが動いているか確認する必要あります。

料金表があるので値段の確認ができますよ。

着いたのはRIVER CITY BANGKOK

友人は川を見せたかったようですが私はそんなに興味ありません。

こっちの方が惹かれます。

ラーマキエンのパネルと衣装の展示をしていました。

この展示をゆっくりみて外へ。

まずは中央郵便局へ向かいました。

「なんで郵便局?」という友人が漂わせる雰囲気は無視です。

局内に展示してあったポスト。

心が萌えます♪

ちょうどロビーで何かの切手展も開催中。


満足いくまで眺めたら次は連絡通路を通ってお隣へ。

ここも行きたかったところ。

TCDC  – Thailand Creative & Design Center

デザイン関係の図書があったり

コワキーングスペースがあったりする場所です。

そういう場所だけあってトイレの表示もデザインされた風。

1Fにショップがあって素敵なデザインの文房具や日用品が売られていました。

私はここでお買い物。

コットンのバッグとポストカード。

ポストカードはしばらく部屋に飾ったら誰かのところに送る予定です。

結局バンコクで食べ物以外の買い物をしたのはここでだけ。

このお店には他にもいいなぁって感じる物がいくつもありました。

でも、日本に連れて行っても使わない物は買いません。

再び外へ。

シルバー製品のお店がたくさん並ぶ通りをてくてくてく。

Wat Suan Phlu(ワット・スアンプルー)

後ろに見えるのは学校です。

寺院の敷地内に学校があって子供達が遊んでました。

線香をあげてご挨拶。

この辺りのデザインは珍しいと感じました。

こういう風に使われている陶器は凛として好きです。

再び通りへ出て、少し歩くと「ヤワラーへ行こう!」と友人はいきなりバスへ。

慌てて私も乗車。(この写真は降りてから撮りました)

ローカル度いっぱいのバス。

左に座っているのは集金のお兄さん。9バーツでした。

車内は日本でいうなら演歌みたいな音楽がガンガンかかってます。

ドアも窓も全開。

降りたのは中華街です。

ここは私のリクエストではなく、観光地だから連れてきた?

お茶したかったようです。

適当なお店がなくてケンタッキーでひと休み。

地元のお年寄りの集団がいて大きな声で喋ってました。

中国語訛りのタイ語?

そして再びバスに飛び乗りました。

さっきより大きいバス。今度は12バーツ。

集金はおばさん。手慣れた手つきでカシャカシャ集金。

そして、不思議なスペースに座って待機。

運転手さんの横なんですけど日本のバスにはないスペースですね。

行き先はタイ国鉄 ファラムポーン駅

鉄分ちょっぴり多めの私は車両をみて心浮きます♪

ここで別行動だった彼と合流。

ヤワラーに戻って夕飯に行こうと思ったら、土砂降りに!

数分の差で濡れず、私は晴れ女!(雨をかわす)の自信を高めたのでした。

この後はBTSでアソークへ。

ジャルンクルン通り近辺は昔ながらのバンコクの雰囲気をみることができます。

繁華街や歓楽街以外のバンコクの顔もお時間あったらどうぞ。

関連記事

ページ上部へ戻る